清原淳平の著書
集団的自衛権・安全保障法制 『集団的自衛権・安全保障法制』
~~反対・賛成・中間派も内容がよく分かる!~~ 
清原淳平(新しい憲法をつくる国民会議(=自主憲法制定国民会議)会長)著
平成27年12月25日発行 善本社 本体1400円+税、送料290円別途

集団的自衛権・安全保障法制について、その合憲か違憲かが論議されています。この問題は学問的要素もあるので、どちらが正しいのか、皆様も迷っておられると思います。その点、この本は、問題点・内容を分かりやすく解説しており、皆様のご判断に役立つものです。
岸信介元総理の志 憲法改正 『岸信介元総理の志 憲法改正』 
清原淳平(新しい憲法をつくる国民会議(=自主憲法制定国民会議)会長)編著
平成27年5月3日発行  善本社  本体1500円+税、送料290円別途

憲法改正に尽力した現代史。[目次] 第一章 岸信介元総理から4団体の執行委嘱を受けた経緯/第二章 岸信介元総理の「志」/第三章 国民大会での写真・記録(昭和54年~56年)/第4章 岸信介会長時代の大会報告号
なぜ憲法改正か 『なぜ憲法改正か!?』
~~反対・賛成・中間派も まず、読んでみよう!~~ 
★日本図書館協会選定図書★
清原淳平(新しい憲法をつくる国民会議(=自主憲法制定国民会議)会長)著 174頁
平成26年5月3日発行  善本社 本体1100円+税、送料290円別途

日本国憲法は、植民地憲法。非独立憲法の体裁である。憲法は施行の時点で静止。時代は日進月歩・分進秒歩。そのギャップを改正できなければ解釈で補うほかない。68年も改正していないので解釈で補うのも、もはや限界。
憲法改正入門 『憲法改正入門 ──第9条の具体的改正案を提示──
清原淳平著 238頁  
平成4年2月5日発行  ブレーン出版

この清原(現会長)の著書は、宗主国はその植民地にも憲法制定を許していたが、独立国の憲法と植民地の憲法はどこが違うかを論証し、日本国憲法は植民地憲法に属するとした。その上で、憲法第9条をどう改めるか、その論拠を明らかにし、かつ、その具体的条文を4か条・15項に構成して、明記した。
<書評> 世界日報 平成4年3月16日  自由新報 平成4年
<紹介フライヤー> ここをクリック
人づくり世直しを考える 『人づくり世直しを考える』
清原淳平著 295頁  
昭和51年10月15日発行  第一法規出版

<書籍の帯・推薦の言葉> ここをクリック
<紹介フライヤー> ここをクリック
この教育をどうする 『この教育をどうする ─―人間性崩壊への挑戦──
清原淳平著 314頁  
昭和48年12月20日発行  第一法規出版